夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【コロナ離婚】
【家での安心感】
【DV被害】
【離婚に至るプロセスのひとつ】
【離婚したくないという甘え】

最も人気の高い記事

【コロナ離婚】
【家での安心感】
【DV被害】
【離婚に至るプロセスのひとつ】
【離婚したくないという甘え】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【どこに着地するか】

着地点の見えないことってあるんですね。
ときどき夫婦問題に接していると。
いったいどこに着地するのだろう、と。
ときどきではないかもしれません。
 
えっ!? 一体どこに着地するの? って。
 
まあ有責配偶者だとか、
そういう離婚原因がはっきりしている場合は、
着地点は見えますけれど。
 
そうではない場合だったり、
有責配偶者であったとしても
バランスがとれてしまう部分があると、
どこに着地するんだいって。
思うことはあります。
 
どこに着地したいの?って。
着地点を見ないで
事を進めてしまうとほんと疲れますね。
 
付き合わなくてはいけないので。
夫婦である限り。
とはいえ、いずれ着地するんでしょうけれど。
 
着地点がわかっている人は、
読めています。
どこにたどりつくか。
だいたいはそうなんですよね、
夫婦問題って。
 
だけど、それがわからなくなるのが夫婦問題、
みたいな面もあって当事者は。
 
どこへ行くのだ―――。
と思うことがあります。
 
着地点はね、
見えてから行動した方がいいかと思います。
ある程度でいいです。
 
相手がいるので予想外のこともあるし、
だけど自分がどこに着地したいかくらいは、
見てもいいんじゃないかと思います。
 
それすら見えない。
ただ相手を見ているとそんなことになります。
 
こうしたらこうなるの法則は通じませんので。
夫婦問題。
だけど自分がどこに着地したいか、
くらいは自分でわかっていた方がいいかな
と思うんですよね。
ズレているのですから。
夫婦が。
ズレまくるだけなのですから。
問題のある夫婦は。