夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【葛藤が高まると】
【不安の正体】
【理解するのが遅すぎた】
【夫婦のズレ】
【堕ちるのは違う】

最も人気の高い記事

【葛藤が高まると】
【不安の正体】
【理解するのが遅すぎた】
【夫婦のズレ】
【堕ちるのは違う】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【産後クライシス】

いよいよ寒さが来た-!って。
寒くなりました。
夜自転車飛ばしていたら手袋が欲しくなりました。
寒いと装着物が増えて憂鬱です。
 
産後クライシスってまだまだ
実際に子供が生まれた夫婦は知らないことも
多々あって、
気がついたら産後クライシス。
 
子供が生まれることによって
夫婦にもたらされる危機です。
 
幼稚な夫に見られるのは
自分のことを大切にしてくれない。
子供が生まれたから妻が・・・。
ほぼ化石ですね。
そんなことを言っていると。
でも一定数います。
子育て世代でも。
 
比較的多いのは
子供が生まれたのだから、
妻は今は大変な時期なのだからと
とても忍耐強い夫。
いろいろ不満はあるけれど、
けっこう頑張っているなぁ、と感じます。
だけど、それがずっと続いたり、
妻のストレスの当たり所、みたいになると
やっぱり難しい。
 
妻の側で言うと
子供が生まれて激変を生活で実感しているので、
そこで変わらない夫に対して
諦めに近い気持ちになることがあります。
 
ベクトルが違うんですね。
 
目の前の子供をどう育て、どう健康を守っていくか
が一番優先順位の一位に来る妻と、
仕事を子供のために頑張っていこうと思う夫。
向いているベクトルが全然違うと
産後クライシスになりやすいかもです。
 
ただ、お互いに違う方向にベクトルが向いているのだな、
とはいえ、子供が生まれたことによって
頑張ろうとしているのだ、
ということが理解できれば、
まだ埋められるのかもしれません。
 
それがわからないと空回りです。
 
ずっとそれが続いた夫婦もやはり空回りです。
 
一度空回りを始めると、
その回転速度、回転方向を
切り替えていくのは大変なのです。
だから愛情が冷めていきます。
 
子供が2歳、3歳という年齢での
離婚問題が多いのはそんなところからきています。
 
子供が生まれたことによって
今までだったら何ということでもなかったことが
そうでもなくなっていく。
 
というのはやはりひとりの人間が
家族に加わり、家族は変化しているっていうことです。
メンバーがひとり増えるわけですから。
 
そりゃあ在り方も変わりますし
変わらなければ。
 
産後はどうしたって妻側の負担が大きくなるものなので、
そこで夫がイマジネーションを働かすことができるか。
男性はなかなか難しいことですが、
そこがけっこう分岐点のような気もします。