夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【葛藤が高まると】
【不安の正体】
【理解するのが遅すぎた】
【夫婦のズレ】
【堕ちるのは違う】

最も人気の高い記事

【葛藤が高まると】
【不安の正体】
【理解するのが遅すぎた】
【夫婦のズレ】
【堕ちるのは違う】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【未来の姿】

離婚する人が異口同音に言うのは
「老後のふたりが想像できない」。
 
ふたりでいることの絵が想像できない
ということなのでしょう。
 
そこには心が離れきっているという
ことがあるのでしょう。
 
今は子供であるとか、
経済であるとか、
何かコネクトするものがあるのでしょうけれど、
それらがなくなっていったとき、
人と人として向き合ったとき、
いっしょにいる姿が
想像できないということなのでしょう。
 
間違えではないのだと思います。
 
未来の姿がいっこうに見えないのですから。
 
見えないけれど、
今はいっしょにいるという夫婦も
かなりの数にはなりますが。
いってみれば離婚予備軍
ということなのだと思います。
 
まあただ、一方はそう見えていても
一方にはまったく見えていないのが
離婚問題の難しさです。
 
一方には夫婦の未来が見えていない。
はっきりしています。
そのことは。
 
だけど、一方には未来が見えているというか、
描けているので、
離婚となったとき、なかなかじたばたです。
 
そこには夫婦の大誤解があります。
いろんな意味で。
 
離婚の大変さはそんなところです。
 
晴天の霹靂になるのも
そんなところから。
 
ある日突然ということになるのでしょう。
 
だけど一方にしてみたら
ずっと悩んでいたのです。
未来が見えなくて。
決断の時がいつ来るか、は
人それぞれ。
 
あるときパッと来る人もいるし、
子供が育った時に来る人もいるし、
熟年になってくる人もいるし。
 
未来の姿が見えていますかね?