夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【コロナ離婚】
【家での安心感】
【DV被害】
【離婚に至るプロセスのひとつ】
【離婚したくないという甘え】

最も人気の高い記事

【コロナ離婚】
【家での安心感】
【DV被害】
【離婚に至るプロセスのひとつ】
【離婚したくないという甘え】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【ならぬものはならぬ】

いや~、激寒になってしまいました。
これが本当なのか?と。
でもねぇ、あまり極端でねぇ。
もうちょっとほどほどに少しずつってあっても
いいように思うのですが。
手袋ないと寒かったです。
 
いろいろな相談者に接していると、
自分を守りたい人。
反対に誰かを守りたい人。
その対比がはっきりとしています。
 
自分を守りたい気持ちが過ぎると
悪あがいてしまいます。
その反面にあるのは自信のなさ。
 
自信がないから悪あがく。
 
自信があればあがくことはありませんからね。
 
粛々と、です。
 
誰かを守りたい人は、
ゆったりとしています。
たおやかと言いましょうか。
きりきりはしていないし、
誰かをきりきりさせることもない。
 
ですが、誰かを守りたい人は、
その守りたい人を傷つけたときは
おそらく、ですが、
相当なエネルギーで守ります。
つまり傷つける人に対しては
相当な反撃と映るかもしれません。
だけど、それでいいんだと思います。
 
パワーが出るのでね。
自分のことよりも。
 
自分だけなら我慢ができても
子供のことでは我慢ができないということは
多々あります。
 
子供という存在は
そんなふうに夫婦を変えていきます。
 
誰かを守りたいと思っていますか?
それとも自分を守りたいと思っていますか?
 
自分を守りたい人はそこまで。
たぶん。
だからどんなことでもします。
えーっ! って驚くようなことも。
 
誰かを守りたい人は、
守りたいものがはっきりと
存在しているので強いのです。
ボーダーラインがあります。
 
ならぬものはならぬです。