夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

最も人気の高い記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【浮気したのは誰のせい】

浮気したのは自分のせいではない、
と主張する人、増えています。
 
家事をしてくれなかった、
育児はひとりでしたきた。
仕事で忙しかった夫に
妻が言います。
だけど、それと浮気していいか否かは
比較できることではありません。
 
全然別のものをはかりに乗せているわけです。
 
いつも子供が一番だった。
居場所がなかった、
という夫も同じです。
だから浮気をする、ということとは
つながってはいません。
 
なぜそんなことを言うかという、
しない人はしないからです。
 
妻がどれほどゲスな不倫に走っても
夫がどれほど風俗に通っても、
その相手はだからといって
不貞をするわけではないです。
 
そういう人は、
今、自分が不貞をするわけにはいかない、と言います。
 
不貞なんて大した理由もなくする人はします。
それが夫婦を壊しているとは
思ってもいないし、
壊れないと思っている。
 
壊れるんですけれどね。
たった一度でも。
 
なんて都合がよいのでしょうか。
 
どうしてそんなに自分に都合よく
考えることができるのだろうと思います。
 
まあね、桜の云々見ていても
反省はせず、次から気をつけます、と
公の人が言うくらいなので、
都合のいいように言うだけです。
 
誰が聞いてもそんな理由は通らないでしょうよ。
ということを何といっても通そうとするわけなので、
何を言ってもいいと思っても仕方ないですよね。
 
倫理のない人はそうなります。
自分のしたことに対して。
 
自分のしたことの尻は自分で
ふかなくちゃ。
誰かがふいてくれるわけはないではないですか。
誰かのせいしたところで。
 
誰だって間違えることはあるし、
失敗もするし、
だけどその失敗を認めないと
次はないよね、と思います。
 
失敗は決して恥ずかしいことでもないです。
失敗したら、それを認めて反省して
次へ行けます。
 
認めないと次はないです。
 
つまり、不貞したのを
相手のせいにしている限りは
次はないってことです。
同じことを何度でもするのでしょう。
だって悪いことをした。
誰かを傷つけたということの
自覚がないのですから。
 
そういう人は自分が、いつも自分が
最も前へ、と出るのだと思います。
 
誰かが傷つくことがあるんです。
それがわからない。
ということは確かな湯ことだと思います。