夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

最も人気の高い記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【夫婦問題と子供】

子供が夫婦喧嘩にさらされることは
是か非か。
答えは出ていて、非です。
いいことはなにひとつとしてありません。
 
子供の前で親が喧嘩をたびたびしている。
脳が傷つくことはかなり周知されています。
脳が傷つくと成長していく過程であったり、
大人になってから、とても苦しいことになります。
学力や感情に支障をきたすこともわかってきています。
 
もし、夫婦喧嘩をしてしまったとしても
ちゃんと仲直りをしている姿を見せて、
どうしてこうなったか、を
年齢に合わせて話してあげることは
大事なことではないかと思います。
大丈夫なのだ、ということを
伝えてあげる。
 
ぶつかり合うことは夫婦だけなら
あっていいし、
そのことによって理解が深まることになることもあります。
 
だけど子供というギャラリーがいる場合は
忘れないでほしいのです。
子供は見ています。
見るしかできないから。
見たくなくても見させられるとも言えます。
 
やりっぱなしはよくないです。
 
無視も同じです。
夫が妻を
逆に妻が夫を無視することは
しばしばありますが、
それを見ていていいわけがありません。
 
無力感が子供に根付いてしまうのではないか
と思います。
 
子供というのは言語能力は親より
劣っているかもしれませんが、
それ以外の五感は
私は親よりも鋭いのではないか、と感じています。
 
言葉で表現はしない、
できないけれど
感じる能力は大人よりも勝っている。
そんな気がします。
 
てくら夫婦の間に問題があったとしても、
誰でも子供は守りたいと思うはずです。
まともな人間なら。
だとしたら、極力夫婦喧嘩している姿は
見せないようにするのが
子供への愛情とイコールです。