夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【コロナ離婚】
【家での安心感】
【DV被害】
【離婚に至るプロセスのひとつ】
【離婚したくないという甘え】

最も人気の高い記事

【コロナ離婚】
【家での安心感】
【DV被害】
【離婚に至るプロセスのひとつ】
【離婚したくないという甘え】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【不安の正体】

夫婦問題にさらされて
思ってもいない場面で涙が出てしまった
という相談者。
自分でも自分に驚いていました。
そんなに傷ついているとは
自分では思っていなかったし
こんな場面でなぜ? と。
 
不安の正体は
ほとんどは未来に対してのものです。
 
未来が見えないから不安が襲う。
 
今問題が起きていても
未来が見通せていると
あまり不安には襲われません。
問題があったとしても。
 
未来がどうなるか、
が予測がついていると。
その通りにならなかったとしても
不安になることはないものです。
 
不安を少しでも解消するためには
できることはする。
できないことはしない。
できないことというのは
自分ではどうにもできないこと、です。
 
できることはどんどんやっていきます。
やれるのですから。
やったほうがいいです。
 
一方、どうにもできないことに抗う必要はないし、
抗ったところで変えられないのですから、
まずはそういうことがあることを認めてしまうことです。
変えられないことは放っておく。
距離を置く。
考えないようにする。
 
その方が健全です。
無理やり変えようとしたところで
変えられないのですから。
無駄なエネルギーを使います。
 
それよりはできることに
エネルギーを注いだ方が
ずっといいのではないでしょうか。
 
よく過去にエネルギーを注いでいることがありますが、
過去は帰ることはできないことなので、
注いでも無意味です。
反省とか必要なことはありますが、
そこが中心ではないはずです。
 
それよりは今からできること。
それき何かを考えていくほうが
建設的だし、未来を変えられますから。
 
不安はなくならないものですが、
距離を置いて付き合っていくことはできます。
不安はあっていいものですが、
不安解消のためにやることは、
できることをしていくことです。