夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

最も人気の高い記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【子育ての悩み】

毎日寒くなったり、
暖かくなったり、
今年はすごい気温の変動です。
驚くくらい。
気をつけましょうねぇ。
 
夫婦問題において、
正しいとか正しくないとか、
ということは、あまり関係がありません。
 
何が正しいかという正解がないので。
 
もちろん離婚事由のようなことがあれば、
それは別かもしれません。
それはちょっと横に置いておくとして、の話です。
 
価値観の違いとか性格の不一致と言うのは
正解がないものです。
 
もしかしたらどちらも正しい。
 
よく子育てで意見の食い違いが起きます。
 
自発的にやるのがよいと思う側と
親が決めるべきだという側とか。
 
安全第一と考える側と
少々のことはやってみるべきと考える側とか。
 
もうちょっと具体的なところでは
私立に進学させたい側と
公立でいいだろうという側とか。
 
お稽古事で何をさせるか。
とか。
だいたいは自分の育った経過に
何かインスパイアされていることが多いのですが。
 
ちょっとだけ譲ってみて、
相手の意見を取り入れてみると
意外な展開が待っていたりします。
 
あるお父さん。
妻が私立に進学させたいというのですが、
最初は反対でした。
お子さんがひとりだったし、
夫婦ふたりともしっかり仕事もしているので
でもいいかもしれませんよ、とアドバイスしたところ
そのお父さんは、では、ということで、
子供さんの受験勉強に付き合うことにしました。
 
あまりふるわなかった成績がグングンアップして、
結局希望校に合格。
 
その報告に来てくれたときは、
とてもうれしそうでした。
お子さんも満足していたそうです。
 
自分ひとりではしない選択かもしれないけれど、
相手の思ってもいない提案を受け入れてみたら、
結果、よかったかもね。
ということはあるものです。
 
何が正解でこれが正しいということはないので、
ちょっとだけ、相手の言っていることを
受け入れた結果です。
 
何かそんな少し余裕がある方が
子育てって自分とは別の人生を歩む子供が
別のことを教えてくれるのかもしれないです。
 
これでなきゃだめってことは
ほぼないし、絶対もない、と思います。
 
絶対はない、そう思います。