夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【家庭を省みる】
【妄想特急】
【メンタルより大事なもの】
【ほどほどの挫折】
【経済力と夫婦問題】

最も人気の高い記事

【家庭を省みる】
【妄想特急】
【メンタルより大事なもの】
【ほどほどの挫折】
【経済力と夫婦問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【生理的に無理】

よくね、離婚が視野に入ってきた人が
言います。
 
「同じ空気を吸うのも嫌」とか
「生理的に無理」と。
 
女性は恋人であるとか
結婚相手を選ぶときに、
無意識のうちに「嗅覚」が
使われている。
嗅覚で選んでいると言われます。
 
なので、愛情がなくなったときに
嗅覚が拒否反応を示すといえるのではないか、
とも思えるんです。
 
だから同じ空気を吸うのも嫌になったり、
生理的に、つまり五感が拒否をしている
っていうことなんだろうと思います。
 
もうこうなるとね、
打つ手はないです。
 
本能ですから。
 
本能が拒否しているということです。
男性から「同じ空気を吸うのも嫌」とか
「生理的に無理」という言葉は
聞いたことがありません。
女性に特徴的です。
 
では、男性は何で恋人なり伴侶なりを
選んでいるのか、というと。
 
「視覚」です。
 
視覚と言っても腰のくびれ。
腰のくびれがあるということは
健康度を示していて、
つまり遺伝子が残せる可能性が高い。
 
こちらも本能というか、
種としての本能です。
自分の遺伝子を残せるかどうか。
 
腰とウエストの差が少ないと
病気にかかる率が高くなる、
はたまた、妊娠する率が低くなる。
 
人間の本能というのは
自分で自覚している以上に
本能的と言うか
直感的というか。
動物的と言うか。
 
そんなところに由来があるのでしょう。
 
だから頭で考えていることと、
自分の感情というのは別のことがあり、
そこで悩みます。
 
生理的には無理だけど・・・・と。
 
だけど生理的に無理となった場合、
いずれ結果は
出てきてしまうのだろうと思います。
 
そこが回復してやっぱり大丈夫
になることはないんだろうと思います。
 
人間も生き物と言うか、
動物なので。
 
経済的なことであるとか、
いろいろなことが結婚生活には付随しているので、
一概にスパッとはいきませんが、
動物としては無理ということが
生理的に無理であったり、
いっしょの空気を吸うのも嫌ということ
なのではないかと思います。
それはひとつの答えと思ってみるといいと思います。