夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

最も人気の高い記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【自分でも気づかないこと】

自分の気持ちわ見極めるのって
つくづく難しいことなのだな、と。
 
行ったり来たり。
 
やり直そうか、
それとも離婚しようか。
 
夫婦問題が起きて、
行ったり来たりです。
 
意外とその決定打って
気持ちではなくて、
外からの力というか
圧だったりします。
 
ずっと考えていても
行ったり来たりの繰り返し。
答えなんて出なくて。
 
だけど、外側から
いやおうなく、何かの力が
いい形で加わると
自分の気持ちがはっきりします。
 
それでいいんじゃないか、と思います。
 
考えても答えの出ないことって
あるんだろうと思うんですよ。
 
だけど、何か圧がかかったときって
意外と答えが出やすい。
 
ある方は振夫婦のことで悩んでいました。
子供もいるし、修復した方がいいのだろうか?と。
だけど、仕事で、自分がやりたかったことが
実現しそうになったとき、
一気に夫婦のことはどうでもいいことになりました。
 
また、ある方は、仕事で自分の実力を
試される場面になり、
やはり夫婦の問題はあれど、
そんなことはどうでもよくなりました。
ずっと悩んで支配されていたのに。
 
また、ある方は、子供のために、と
夫婦関係をよくするように努力をしてきたのですが、
夫が勝手に出ていったら、
なんだか子供がすっかり落ち着いて、
平安な家庭になりました。
なんだ、いない方がいいのじゃないと
いうことに気づくことになりました。
 
なんだかね、
自分の考えって意外と限られているのですよ。
想定外のことの方がけっこう多い。
 
だからあまり
とらわれない方がいいです。
とらわれないこだわらない。
 
自分がどこを見ているか、に
よるんだと思いますよ。
物事のすべては。