夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

最も人気の高い記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【相手を理解するって?】

夫婦の間ですれ違いとか、
行き違いとか、
あるのがあたりまえ。
 
ない方がどうかしている。
 
という前提の方がいいのではないか、と思っています。
 
何でわかってくれなのだ、とか、
何でこんなことをするのか、とか。
いろんな疑問がわくのは、
そもそもわかっている前提だから。
 
だけど相手がいつも
自分のすべてを理解しているわけがないし、
自分も相手を理解しているか? というと
そんなことはないから「なんで」という
疑問がわいてくるのです。
 
すれ違うわけですから、
そのときにどうするのか? の方がずっと大事。
 
ある人は理解をしようしようと
いう姿勢を貫いてきました。
 
その結果、
とんでもなく誤解を招いていました。
 
「仕事が忙しいのだろうから」と
理解していたのですが、さにあらず。
仕事を口実に浮気。
 
いつも譲歩してきました。
「仕事で」と。
 
だけど本当は仕事だけではなかった。
だから、よけいに愕然とします。
 
だけど、それは誤解というか、
自分なりに理解をしてしまった結果
なのではないかな、と思います。
 
思いやりがある人ってときどき
そんな誤解をしてしまいます。
自分の考えの方が前へ出た結果です。
 
自分でいいように解釈してしまうよりも
もっと具体的に、なぜ、どうして?
と聞いてみる方がいいです。
 
そうしないと理解できていない部分が
ずっと理解できないから。
 
理解はできていないし、
これからもそうです。
理解を続けていくというのが
本当のところの夫婦なんだろうと思います。
 
それに時とともに変わっていくので、
結婚したときとは変わっていくものです。
人は。
だからその変化に応じて理解をしていくと
理解が深まるんだと思います。