夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

最も人気の高い記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【つらい時期】

クリスマスだったり、
これからの季節、家族のイベントが増えます。
 
別居中だったり、
これから別居しようか、離婚しようか、
という人にはつらい季節です。
 
だけど一時ですから。
そんなのは。
 
家族で動く時期だけど
それが幸せとイコールとは限らないですし。
形だけだったり、
仮面な家庭もあります。
それを保ったところで、
むしろ虚しくなるだけなのかもしれないです。
 
ふたりでいても寂しいのは
ひとりより寂しいものですから。
 
「離婚という答えは出ています」という相談者。
次にどうしようか、と。
 
もし離婚という答えが出ているのだとしたら、
そこに向かって努力をしていくのがいいです。
 
ある夫は、離婚は決まっているけれど、
親権のことを考えると今すぐ離婚はできない、
しない方がいいと思えると。
浮気した妻が離婚はしたがっているけれど、
自分としても夫婦としてはすでに無理だけれど、
子どものことを考えるとこの妻が
さらに子供を傷つけることを考えると
せめて離婚しないという答えで子供を守るしかな、と。
 
だとしたらそれでもいいではないですか。
 
いずれは離婚だとしても。
そういう答えがあってもいいと思います。
 
家族で過ごす姿を見ると
なんだか寂しさが増したり、
悲しくなったりします。
 
だとしてもそんなのは一時、
そう思ってみてください。
好きでしまえば何でもないことです、
日常に戻ったら
そんなことで惑わされていたことに気づきます。
 
夫婦のほとんどは日常ですから。
イベントなんてないのですから。
 
なんとなくね、非日常的な時期ですから。
そのことだけ心にとめておいて、と思います。