夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【歪んだ夫婦】
【ねえ、聞いてる? 】
【妻の器量と夫の度量】
【妻の器量と夫の度量】
【謝罪がない】

最も人気の高い記事

【歪んだ夫婦】
【ねえ、聞いてる? 】
【妻の器量と夫の度量】
【妻の器量と夫の度量】
【謝罪がない】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【子供の傷】

やっとこクリスマスが終了~!
行事続きでちょっとヘトヘトですね。
あとちょっと。
頑張りましょう。
 
別居とか離婚とか、
子どもがいる場合は傷つきます。
仕方のないことです。
 
傷をつけたくないがあまり、
我慢し過ぎていたりします。
 
だけど一方の親は
子どもの傷などおかまいなし。
だったりするのでね。
 
一方は必死で傷をつけまいとして、
守ろうとするあまり無理を強いられます。
 
傷はつきます。
親の問題で子供は。
だけど、その傷を最小にしてあげることが
親のできることなのではないでしょうか。
 
人は傷つくものです。
傷ついたことのない人など
妙に恐ろしいです。
 
傷ついたとしても大丈夫。
その方がよほど大事です。
 
傷ついたことのない人は
怖いです。
 
傷の痛みがわからないから。
ただ怒るだけだから。
 
傷ついて傷むことがどんなことか
わかっている人は、復活できます。
 
人はいつだって傷つくし、
些細なことで傷つきます。
今まで傷ついたことがないとしたら
よほど鈍感で鈍いということです。
 
傷つくけれど、
その傷はいずれ癒えていき、
必ず痛くなくなることがわかっていれば
傷つくことはなんでもないです。
今は痛かったとても
大丈夫だと思えます。
 
子どもも傷つきます。
親の問題に伴って。
だけど、その傷は手当可能なものです。
で、なければ夫婦問題が起きた夫婦の子供は
みんな立ち直れないことになってしまいます。
そんなことで子供はつぶれたりはしません。
 
大切なのは手当です。
 
もっと生命力も生きる力もあるものです。
親が傷ついても大丈夫なのだ、
という姿を見せてあげることしか
できないのだと思います。