夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

最も人気の高い記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【片親引き離し症候群】

三が日も終わりです。
早いですね・・・とにかく。
こうやってあっという間に春になり、
あっという間に夏になり・・・・。
過ぎていくのでしょう。
なんだか早くてねぇ。
 
別居や離婚で一方の親と暮らさなくなり、
何も大きな理由がないのにもかかわらず、
別居親と会わせないとどうなるか。
片親阻害症候群とか
片親引き離し症候群と呼ばれます。
 
被害を受けるのは子供の側で、
子供が後々生きずらくなり、
結局は同居している親ともうまくいかなくなる
と言われています。
 
一定数います。
そういう親。
会わせない養育している親。
 
でも結局親子関係に後年ひびが入ってしまうか、
子供がものすごく人生を
生きずらいことになります。
 
やっても意味のないというか、
むしろ弊害しかないのに、
自分の感情重視の人は
やりがちです。
 
夫または妻に対しての気持ちが優先されて
子供の利益を考えていないとそうなります。
 
もちろんDVであるとか、
薬物であるとか、
アルコホリックであるとか、
性的な依存症であるとか、
会わせないほうがいい親というのもまた
一定数います。
 
ただ、そういう親に限って親である権利を利用して
会いたがる姿勢を見せたりします。
子供のことはそっちのけです。
そういう意味でも。
 
会えばいいのか
というとそういうことばかりではなくて、
会わせても何も問題がないのに
会わせたがらない親がいて、
会わないほうが子供の成育にはいいのに
会いたがる親がいます。
 
不思議なものです。
 
いずれにしても
そんな親は夫婦の問題に
子供を巻き込んでいる親です。
 
夫婦の問題はあれど、
だけど子供のことはまずは第一に考えようと
それぞれが努力している親は
痛みは伴いつつも、
親として、そこはお互いを認めあっています。
分けて考えられます。
 
夫婦は崩壊しているか
崩壊寸前だったとしても、です。
 
結局は生き方の問題が出るんでしょう。
どう生きているか? ということが。
誰のために生きているのか?ということが。
何が一番大事なのか? と
いうことが。