夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

最も人気の高い記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【子供を守る】

しかし暖冬ですね。
厚いコートは、ほぼ必要なく過ぎています。
助かるけどね。
雨も多い冬ですねぇ。
 
なんとか頑張らないと子供のために、
と今まで頑張ってきた方。
 
夫と別居したら
子供がのびのびとしはじめました。
 
子供のために夫婦を維持しよう
と今までしてきたのですが、
それがひとりよがりな思いだったような。
 
多くの親は子供傷つけたくない。
守りたい。
そんな気持ちでいっぱいです。
気持ちがいっぱいすぎて
守り方を間違えていることがあります。
 
守るというのは
保護することばかりではありません。
 
「子供は気を遣っているんですよね」と
気付いたそうです。
 
子供のためにと我慢した時間は
ちょっと無駄だったかも、と言っていました。
後悔です。
 
逆に、非常に達が悪いケースでは
その気を遣っていることを利用して
子供をマインドコントロールしようとする
親もいます。
 
でも、それは将来的に子供に
生きずらさを根付かせているだけに
すぎないのですが、気づきません。
自分が大事だったり
自分の立場が大事な人はやりがちてす。
 
子供は案外本質を知ってるものです。
知らないのは親のほう。
 
子供を守るって
知らせないとかってことではなくて
問題はあるけれど大丈夫である、
という安心感であったり、
問題を乗り越えていかれるということを
伝えていくことではないか、と思います。