夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

最も人気の高い記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【何でもっと早く言ってくれなかったの】

雪が降りました~。
いや、久しぶりに寒い! って感じました。
やっぱり大寒ですからね。
それにしてもセンター試験のときって
天気が悪い印象が。
別の時期にできたらいいのにねえ。
 
子供を夫婦問題に巻き込んでしまう人。
巻き込まない人。
 
まあ、みんな子供がいる場合は
子供のことが一番心配事ですし、
どうしていったらいいだろう・・・と、
大きくなっていても悩みますよね。
 
あるお母さん。
夫側にまあ言えないような問題があるのですが、
その問題について子供に事実を言うかどうか、
悩んでいます。
 
で、行きついたのは
将来「なんでもっと早くいってくれなかったのだ」と
言われることもあるかもしれない、と。
確かに。
 
問題行動を起こした夫だったり妻を持つと
それを子供にまずは伝えるべき否か。
 
「守りたい」という一心で
「傷つけまい」とする一心で
進んでしまうと子供が
将来かえって生きずらいことに。
 
年齢にあった言い方とか
伝え方で、
私は真実を伝えてあげるのが
最もいいと思います。
 
子供というのは大人より勘が鋭いので
理解できます。
 
それと感覚的にも大人よりドライなところもあって。
世の中のこともわかっているものです。
 
事実あったことを伝えて、
それが親であるという事実も
子供は受け入れていかないとなりません。
 
そのうえで、どうやって生きていくのか?
そのサポートをしていくほうが大事です。
 
だってその問題を起こした血は
子供に流れているわけで。
そのことは代えがたい事実で、
それをどのようにとらえていくか。
だけど大丈夫だよって。
いうことのほうがずっと大事ではないでしょうか。
 
まあね、守るっていうことに意識がいってしまうのは
よくわかるのですが。
守るばっかりだと何もできないし、
現状変えたくないしって。
 
リストカットとか、精神的に問題を
抱えてしまうっていうお子さんもいるのですが、
そういうケースは問題が起きても
動かないっていう親の姿に影響されているときがあります。
または、そのことをひどく嘆いている。
 
問題はだれにとっても嘆かわしいことですが、
その中でも解決の道を
見つけていけるっていうことのほうが
大事ではないかな、と思います。
そりゃあ苦しいです。
だけど理不尽に苦しいことって
ときどき起きます。