夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

最も人気の高い記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【胸のつかえ】

不貞した配偶者に償わせたい、
と思うのは当然。
だろうな、と思います。
 
だけど不貞するような人が償うようだったら
修復が可能なわけですが、
そんな気はさらさらないということも多々あります。
 
さらさらない人に償いを、
といってもそもそも無理で、
期待するだけ無駄。
時間も労力も。
 
慰謝料という目に見える形で
償ってもらうしかないのかもしれませんが、
それだってMaxで法的には300万円と
言われています。
あまりにも安いですよね。
 
夫婦が壊れ、家庭が壊れ、
周りの人に多くの迷惑をかけて。
 
それでいっても300万円って
あくまで法的に、ですが、
あまりにも安いんじゃないか、と思うんですよね。
 
それじゃあ
よけいに腹がたつかもしれないです。
 
じゃあ、どうしたらいいの? って。
 
償う気のない人に償わせるよりは
自分主体で、自分の答えを
見つけていくのがいいと思います。
 
必ずあるはずだから。
自分の答えが。
その人なりに。
 
それを探していくのが大事かな、と思います。
 
自分がストン! と落ち着くところ。
そんなところかあめはず。
それはその人によっていろいろ。
なので探していく。
 
自分が何をしたら、
どんなところに行ったら
ストン! と胸のつかえがとれるか。
とれればokなんじゃないでしょうか。
というか、それが最も大事なことだと思います。
だって自分の人生で胸がつかえたままなんて
嫌でしょう。
後々後悔になるのも嫌だし。
 
だから解消していくのが大事。
それが何か? を見つけていきましょう。