夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

最も人気の高い記事

【男の嫉妬心】
【円満夫婦の意外な特徴】
【熟年夫婦のある姿】
【自分軸】
【子供と夫婦問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【離婚は修羅場かステップか】

離婚する夫婦でいくつか傾向というのを
ときどきいろんな事例を通して考えます。
 
その1
縁を切る。
とても日本的な表現ですが、
まさに、離婚後は縁がなくなる。
離婚に至る経緯によるかとは思いますが、
もう顔も見たくもないし、
連絡も取りたくはないし、
遠い遠い他人に戻りたい。
まあ実際に戻れるのが夫婦という関係です。
とても多いです。
 
 
その2
縁を切らざるを得ない。
だれでもできれば円満にと
たとえ離婚であってもそう思うはずですが
縁を切らざるを得ない場合、というのもあります。
借金があるとか、薬物やアルコール中毒であるとか、
DVであるとか、異常な性癖とか、
何か人として大きな欠陥がある場合、
ルールを守れない人の場合、
離婚して他人になって
関係性がなくなることも必要なこともあります。
子供がいる場合などはいないほうが
いい親というケースです。
 
その3
元夫婦としての関係を保持する。
他人同士に戻り、元夫婦という
別の関係を保っていく。
別にそこには感情的なものというのは
ないかもしれません。
すでに離婚を選択している時点で。
ですが、元夫婦であったというところでの
人間関係を保っていくのは
私は悪いことではないし、
むしろとことんまで悪化して離婚するよりも
よいと思っています。
 
夫婦もひとつの自分を取りまく人間関係ですから。
 
そんなに険悪にならずに
関係を遠のいていく。
距離のある関係にできるのではないかな、
と思っています。
 
お子さんがいる場合などはとくに。
子の親という立場や役割は
夫婦とは別に残るわけですから、
お互いがその点は力を合わせていかれるのが
理想的です。
 
そんなふうにドライになれたらいいのに。
どうもウェットで自分の感情交じりだったりして、
なんだかな、と思います。
 
できれば離婚はそんなふうに。
なんて思いつつ、ただの理想だろうか、と思ったりします。
ですが、実際にそんな夫婦もいないわけではありません。
そうした夫婦はほんとによくぞ、と。
 
もっと離婚が軽やかで
自分が生きやすくなる選択ならいいのに、と
思ったりします。
一方で離婚が修羅場なのも理解はしつつ、
だからこそなのかもしれないです。