夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【歪んだ夫婦】
【ねえ、聞いてる? 】
【妻の器量と夫の度量】
【妻の器量と夫の度量】
【謝罪がない】

最も人気の高い記事

【歪んだ夫婦】
【ねえ、聞いてる? 】
【妻の器量と夫の度量】
【妻の器量と夫の度量】
【謝罪がない】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【子供を守る】

裁判の打合せを弁護士さんを含め
していたのですが、
高校生のお子さんが参加されました。
ご本人の希望だそうで。
 
ちょっと内容がゲスなだけに、
大丈夫なのかな? と思いつつ、
いつもと同じように進めました。
黙って聞いていました。
 
膨大な資料の山の中から
主張に対して反論する事実関係を
お母さんと話さなければなないのですが、
まあお母さんもいつもどおり。
 
父親がどんなことをしでかしたか
家族ではありますが、
少し離れた距離のある感じで聞いて
どう思ったのかな。
 
お母さんの話によれば
「自分で思った以上に冷静だった、
ショックは受けていない」
と言っていたそうです。
 
その言葉を聞いたお母さんは
「ショックを受けていないということは
もっと前に傷ついていたということ。
申し訳ないことをした」と。
 
ただ、お子さんはしっかりしているというか、
成長中って素晴らしいというか。
 
「大人や親は、子供がわかっていない
と思っていたり、
子供のためにしたこと、というけれど、
何のためにもなっていない。
大人が勝手にそう思っているだけで、そんなことない」
と言っていたそうで。
 
「自分はそんなことを子供にはしないし忘れない
ということを論文大会でその話を盛り込んでしたんだ」
と、とても晴れ晴れとした表情で
その後、話していたそう。
 
えらいね、子供って。
 
ちゃんと学ぶんだなぁ。
正しく。
 
子供を守らなければ。
守ってあげたいとかっていうのは、
ほんとうに難しくて、
傷をつけないためにって
親だったら思います。
 
そのお母さんも事実は告げずに
状況の説明はしてきたのですが、
それ以上に子供はわかっているってことで。
いやむしろ真実を知ることによって
自分で考えていくのですね。
大人なんかよりちゃんと思考している。
傷なんて乗り越える力があるって
思うのでした。