夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【コロナ離婚】
【家での安心感】
【DV被害】
【離婚に至るプロセスのひとつ】
【離婚したくないという甘え】

最も人気の高い記事

【コロナ離婚】
【家での安心感】
【DV被害】
【離婚に至るプロセスのひとつ】
【離婚したくないという甘え】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【話し合える? 】

三寒四温とは言うけれど、
あったかくなったり、寒くなったり。
春へと近づいてはいるのだろうけれど・・・。
 
不貞している夫に
その人は聞きました。
「女でもいるの? 」と。
夫は明確に「いない」と。
「おれのことは放っておいてくれ」と。
 
修復したほうがいいのかな・・・とは
誰でも思います。
夫婦問題が起きていて、
仮に問題があったとしても。
 
離婚したほうがいいのか、
修復したほうがいいのか、
というか修復できるのか、と。
 
その人もどうやら不貞しているらしい夫と
20年以上にわたる熟年夫婦。
円満でよい家庭を築くために
努力してきたつもりでした。
子育ても家事も仕事も。
 
だけどここのところの夫の態度に
「女でもいるの? 」と聞いてみました。
明確に「いない」という夫の答え。
 
だけど夫は女と楽しそうに
日々遊んでいることがわかっています。
不貞の調査では真っ黒。
 
目の前で平気でつかれる嘘。
唯一の本音は「おれのことは放っておいてくれ」
そりゃあ、それがいいでしょう。
家庭のことを一生懸命やってくれる妻。
そのうえ、夫と同等に収入もある妻。
 
放っておいてくれれば、
好きなように遊べて
なおかつ家は万全ですから。
経済的にも心配はない。
 
そのときに何かがスイッチが入ったと思います。
ご自身もそうおっしゃいます。
「何かが変わった。
それが何かはわからないけれど」と。
 
「夫を私の人生から排除します」と
きっぱり。
「排除か・・・」と私。
 
「これからの人生に必要ありません」と。
 
子供も育ちあがり、
仕事も充実し、評価もされている。
そこで夫婦仲良くが残ればいいのですが、
問題はないのですが。
平気で嘘をつかれ、
夫婦のお金を使いたい放題に使い、
妻への労りどころか
体調が悪化しても冷たい夫。
 
そこで妻の出した答えは「排除」
なのでした。
 
その人の仕事は分析をするのが仕事なので、
冷静に分析されたのではないかと思います。
 
いることがリスクになるということ。
夫婦のお金は無駄に女遊びに使われ、
病気のリスクもある。
うん、確かにね、と思います。
おそらくメリットがないということに気が付いた。
夫婦であることにメリットがない。
デメリットの方が多いことに。
 
これからはどう排除するか、が目標です。
夫はそんなことは思いもせず、
「おれのことは放っておいてくれ」。
放っておきますよ、もう永遠に妻は。
わかっているのかな、
永遠に放っておかれるんだってこと。
妻を都合よく排除しているつもりかもしれないけれど、
排除されるのは自分だってこと。