夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【コロナ離婚】
【家での安心感】
【DV被害】
【離婚に至るプロセスのひとつ】
【離婚したくないという甘え】

最も人気の高い記事

【コロナ離婚】
【家での安心感】
【DV被害】
【離婚に至るプロセスのひとつ】
【離婚したくないという甘え】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【目を配る】

お子さんたちはどんなふうに過ごしていますか。
学校がお休みで、
春休みも吹っ飛ぶというか、
どこへも行かれないですしね。
ちょっと閉塞感に見舞われますね。
でもこの際、ふだんできないことをできる
機会にしてください。
掃除や料理をいっしょにするとか。
忙しく過ぎているいつもの毎日では
できないことをしてみる。
あるお子さんとママは、
掃除をいっしょにして子供たちも楽しそうだったそうです。
子供にとって掃除や家事は
けっこう遊びの延長ですからね。
よい機会です。
できたらたくさんほめてあげて、
「とても助かるな~」と言ってあげてくださいね。
きっとまたやってくれるようになると思います。
 
子供は誰かの役に立っている
というのがとってもうれしいのです。
 
ほんとうはだれでもそうなんだと思います。
誰かの役に立つ。
 
そんなことがけっこう自分を支えることになります。
 
自分、自分と言っているよりも。
 
誰かが喜んでくれるとか、
元気が出るとか、
そんなことが
ほんとは自分の存在を確かなものにしてくれる。
 
子供を見ているとそう感じます。
「助かったなぁ」とか、
「うれしいな」とか
っていうと、ほんとに
瞳をキラキラさせてうれしそうです。
 
たぶん、ですが、
自分の存在の意味を感じているのかな。
自己肯定感ってこんなところから
培われていくのかなって感じます。
 
自己肯定感の低い人ほど、
自分はすごいんだって自己アピールしますから。
嘘までついてアピールします。
 
たぶん子供のころに
親に認められていないんだと思います。
親がちゃんと見ていない。
もしくはダメなところばかりを見ている。
 
みーんな、いいところもあれば
ダメなところもあります。
だけど必ずいいところがあるはず。
どっちを見るか? です。
 
自己肯定感の低い人は、
どっちも見てもらっていません。
親が見ていないのです。
忙しいのかもしれませんし、
興味がないのかもしれません。
だめです。
それって。
ちゃんと見て、見るだけでいいのです。
と思います。
 
目を配るって、大事です。
あなたを見ているよ、って伝えること。
子供はそれを求めています。
ジャッジなんていらなくて、
ちゃんと見ているよって伝えてあげてください。
無関心ほど恐ろしいものはないです。