夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【コロナ離婚】
【家での安心感】
【DV被害】
【離婚に至るプロセスのひとつ】
【離婚したくないという甘え】

最も人気の高い記事

【コロナ離婚】
【家での安心感】
【DV被害】
【離婚に至るプロセスのひとつ】
【離婚したくないという甘え】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【コミュニケーションの失敗】

ティッシュやトイレットペーパーは
店頭に並ぶようになりましたが、
マスクは相変わらず、品薄ですねぇ。
困ったものですね。
こんなとき、生産する体制というのは
簡単には整えられないものなのでしょうかね・・・。
全世界的にそんなことになっていて、
全世界みんなで力を合わせら
どうにかできないものだろうか、と思います。
 
昨日に続き、ですが、
夫婦喧嘩のときに
発してしまった言葉っていうのは、
どうも時間を経て育ってしまうようです。
 
言葉ってほんとにつくづく怖いものです。
 
そんなつもりで言っていないことが、
全く違うとらえられ方をしたりするので。
だけど、そもそも言葉っていうのは
発した人のものなのか?
受け取った人のものなのか? というと
受け取った人のものなんじゃないかと
思うんでよね。
 
その人がどう思うか?
 
そのために言葉あるんじゃないか、とも。
 
自分の思いを伝えるためのものっていうのも
あるとは思います。
 
だけど、受けた人がどう思うか? 
っていうところが抜けていると
勘違いが起きていくので。
伝えたいことも伝わらない。
 
それがコミュニケーションの失敗を生んでいく。
 
ような気がします。
 
自分の伝えたいことを
受け取ってもらいたい人にうまく届ける。
それがないと
コミュニケーションはうまくはいきません。
 
言いたいことを言うだけならとても簡単。
 
でもそれはコミュニケーションではなくて、
言っているだけ。
放っているだけ。
 
になってはしまわないでしょうか。
 
どう思うか?
どう受け取るか?
誰だって自分の思っていることは
なるべく正しく届けたい、伝えたいと
思っているはずなので、
誤解のないように伝えていくっていうのは
難しいけど大事なこと。
 
なんじゃないかなと思います。
 
伝えたいことや理解してもらいたいことを伝えていく。
意外と難しいです。