夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【コロナ離婚】
【家での安心感】
【DV被害】
【離婚に至るプロセスのひとつ】
【離婚したくないという甘え】

最も人気の高い記事

【コロナ離婚】
【家での安心感】
【DV被害】
【離婚に至るプロセスのひとつ】
【離婚したくないという甘え】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【頑張ったらダメ】

野田の虐待事件の判決が出て16年。
重いのか軽いのか・・・。
わが子をいたぶり殺した父親の罪として。
そして、それを「しつけ」という本人は
罪を償って更生をすることができるものなのでしょうか。
わからないです。
幼いわが子を殺すという意味がそもそもわからない。
そんなところがあります。
そんな人でも親にはなれるということが
事実なんでしょうと思います。
 
モラハラを含めたDVの人は
「そんなつもりじゃなかった」
と言います。
 
本人はね、そんなつもりはないのでしょう。
だけど、現実としては
それはDVというのですよ、ということに気がつけない。
思ってもいない。
 
そして、そこに至る理由を誰かのせいにします。
親のせいであったり、
それまでの傷であったり。
決して自分のこととしては見ようとはしません。
自分のやっていることを。
まるで他人ごとです。
 
悪いのはいつも自分ではない誰かです。
 
子供に水をかけたり、
手を上げたり、
してはならないのですよ。
それがわからない。
すでに法律でもそうなっているのですよ。
そんなに難しくはないことです。
 
そしてそれを容認して家族を続けようという周りも
異常さに気づくことができません。
突破もできません。
 
ある妻は、子供を3人作り、
生まれたばかりの子がいながら
仕事をさせられています。
自営業なので。
ひどい仕打ちを夫から受けています。
ひどい言葉を受けながら。
 
が、本人は一生懸命です。
ただただひたすら。
子供のために。
そして家族を維持していくために家事と育児と仕事と。
いつか気づくと思います。
が、今は気づけません。
何年したら気づくのだろうか、と思います。
 
またある妻は、夫の無視やひどい言葉に
おびえています。いつもいつも。
体調不良を起こすくらいまで。
だけど、夫婦を続けたいそうです。
本人がそれでよいのであればいいと思います。
夫婦という意味では。
だけど子供がいるので、それを見て育つ子供は
どうなるのだろう、と心配になります。
 
その夫はいつも妻のせいにします。
 
何がって自分の意図していないことや
何かトラブルが起きると。
それらを引き受けて頑張っています。妻は。
 
私は無駄な頑張りだと思っています。
無意味な頑張り。
しても報われることのない頑張り。
もしくは子供に悪影響を及ぼす頑張り。
頑張ればいいかって、
そうでもないのです。
頑張ったらダメなこともあるんですよ。