夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【コロナ離婚】
【家での安心感】
【DV被害】
【離婚に至るプロセスのひとつ】
【離婚したくないという甘え】

最も人気の高い記事

【コロナ離婚】
【家での安心感】
【DV被害】
【離婚に至るプロセスのひとつ】
【離婚したくないという甘え】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【夫婦の変化】

海外の俳優やサッカーのベッカム、歌手のエルトン・ジョン、
そんな人たちが、新型コロナで家にいなければならなくなり、
「妻のために家にいます」
「家族のために家にいます」
そんなメッセージをアップしていました。
誰かのためにだったらできること。
誰かのためだからできる。
その誰か、あなたにとっては誰ですか?
 
みんな自由にしたいけれど、
誰かのために自由を我慢する。
たぶん世界中のみんながって思います。
もちろん自分のためにも。
 
子どもができると
ガラリと夫婦の様相は変化します。
まるで別物。
そう思ったほうがいいと思います。
 
今までと同じつもりでいると
大きな間違い。
 
だって妻、夫というだけでなく、
父親、母親という役割が
いきなり増えるわけです。
 
しかも相手にするのは赤ちゃん。
何もわからない。
誰かが見てあげなければ
生きてはいけない存在。
 
その命を守っていかないといけない。
 
だから夫婦が変わらないと。
力を併せて、ワンチームです。
 
夫婦を取り巻く状況というのは
 
常に変化しているのて、
その変化に適応していくってことが
最も大事なのです。
 
子どもの誕生はとてもわかりやすいことのひとつ。
転職とか、
仕事で出世したり
立場が変わったり。
親の介護゛あったり。
子どもの巣立ちがあったり。
 
その都度、変化が起きてい、
夫婦だけが変わらない、なんてことは
じつはないのです。
 
だけどなかなか風が変わるのは難しくて、
そこが悩ましいところです。
 
変化を早く察知して、
それに適応していかれれば
夫婦は円満でいられるはずです。