夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【家庭を省みる】
【妄想特急】
【メンタルより大事なもの】
【ほどほどの挫折】
【経済力と夫婦問題】

最も人気の高い記事

【家庭を省みる】
【妄想特急】
【メンタルより大事なもの】
【ほどほどの挫折】
【経済力と夫婦問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【不貞相手】


都庁がレインボーにライトアップされていました。
緊急事態宣言解除!
いいのか悪いのか!? は
たぶんこれから結果が出ていくのでしょうね。
このまま収まってほしいな、と祈りつつ
新たな一歩を踏み出すわけですね。
 
不倫相手が堂々とある意味、
妻に対決を迫ってくることがあります。
 
「離婚するんですか、しないんですか、奥さん」と
夫の不貞相手に問われた妻。
「あなたに聞かれることでもないし、
お答えすることでもない」と妻。
 
妻の完勝。
 
ある妻「このまま付き合っていてもいいんでしょうか」と
夫の不貞相手に問われた妻。
「私がお答えすることでもないし、
自分で考えて。
夫が結婚していることは
知っていて付き合っていたんでしょ」
と妻。
 
妻の完勝。
 
ってな具合です。
 
不貞相手と同等レベルに落ちると
まあ苦しいでしょう。
だけど妻と不貞相手は立場が違うということを
理解していれば、
全然だいじょーぶ。
てな具合です。
 
相手にするのもばかばかしい。
 
ある妻。
浮気ばっかりしている夫。
 
ほとほと愛想が尽きそうです。
 
「不貞相手は自分だけ、と思って
言ってくるけど
私の知る限り、ひとりではないですからね」と。
気の毒過ぎて本当のことは言えないわ。
とも。
 
まあその数年後にしっかり夫に離婚届けを
たたききつけて
さっさと自立&ひとりを選択しましたけどね、
その妻。
 
夫と不貞相手の痴話げんかに
巻き込まれるのもうんざり。
 
不貞相手にやきもきするのは
もしかしたら自分に自信のない裏返し?
 
妻という立場であればどうということは
ないかもしれない。
だっていつだって決めるのは自分でいいわけで。
何もびくびくする必要がないものね。
 
選択権は自分が持っているわけで。
そのことは忘れない方がいいです。
プライドかな。
ある種の。
女として否定されたとか、
裏切られたとか
あると思うけど。
 
立場って誰でもあるのですよ。
 
いろんな価値観のはかり方があるので、
ひとつではないっていうことです。
どう見るかは自分次第。
 
さて、次の時代って、
いかないとね。
いつまでもそこにとどまっているわけにはいかないのです。