夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【家庭を省みる】
【妄想特急】
【メンタルより大事なもの】
【ほどほどの挫折】
【経済力と夫婦問題】

最も人気の高い記事

【家庭を省みる】
【妄想特急】
【メンタルより大事なもの】
【ほどほどの挫折】
【経済力と夫婦問題】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【子供に離婚をどう伝える】

子供に離婚や別居を
どう伝えるか? は悩みますね。
みなさん。
子供の年齢にもよりますし。
 
私は基本的には
ちゃんと伝えてあげた方がいいのではないか、
と思っています。
 
その年齢に合った言葉を選んで。
 
ただ、そのときに心得ていてほしいのは
子供はどんな年齢になったとしても
両親仲良くしていてほしい、と
思っています。
小さな子はもちろん
大人になっても。
 
だけどだけど、夫婦として成り立たない。
やっていけないのだとしたら、
真摯に子供にそのことを
伝えてみた方がいいのではないかと思います。
 
子供はショックを受けたりするかもしれません。
ですが、立ち直る力も持っています。
大人よりもずっと。
それを支えるのは子供への愛情。
 
たとえ夫婦が両親が、
別れることになったとしても、
あなたのことは思っている。
思い続けている。
ということが伝えられればいろいろな形で。
 
最もよくないな、というのは、
自分の都合で子供を巻き込むことです。
自分の都合のよいように。
子供を洗脳していくようなこと。
 
これはほんとによくないです。
結果として何も得るものはないです。
 
子供が親によって
ゆがめられていくのは
本当はこんなときです。
 
離婚とか別居に至ることはあるし、
それは人間関係がうまくいかなということの結果で
悪いことか、というとそうでもないはずです。
そういうことは人生において多々あるはずです。
 
子供を巻き込むというのは
都合のよいように
自分の生き方に巻き込むことではないか、と思います。
 
そんな親にはなりたくない、と
思いませんか?